私がひとり旅を続けていて学んだこと・教わったこと。

生きている・好きなことができる幸せ。やりたいことに向かって歩いていくなかで道が切り開けていくんだ、ということ。

ワーキングホリデーでニュージーランドに来るまでは、最長でも4日くらいしかひとり旅をしたことがありませんでした。

でもニュージーランドに来て、ひとりで1か月、2か月ちょい旅をしたり…

そうやって旅をしていると、流石にいろいろと思うことがあるものです。

そんな旅が私に教えてくれることを綴っていきまーす。

次の目的地。

旅では本当にいろーんな人との出会いがあります。

その出会いが次に訪れるべき国や地域を教えてくれたりするんですね!!

Aまで行かないと見えてこなかったAの先の道が見えてくるかのように、旅も人生も同じようなものに感じます。

ニュージーランドの次の目的地は…!?

ワーホリでニュージーランドを旅中、人気のフィヨルド「ミルフォードサウンド」ツアーに参加したときのこと。

Milford SoundとDougtful Soundは、どっちがオススメ? ニュージーランドのフィヨルドのツアーとしてどちらも...

そこで、とある日本人女性に出会いました。

最初はお互いどこの国出身かわからず、英語で挨拶し会話がスタートしたのですが、日本人だということがわかり、話が盛り上がりました。

実はその方、熊本県出身。

てっきり熊本から来たんだなーと思っていたら、なんと「ソロモン諸島から来たんです」と!

ソロモンでJICA(海外ボランティア)のシニアボランティアスタッフとして活動されている方だったんです!

ん??? ソロモンって…どこ!?

地理に弱い私の頭の中の地図には、大きさも形もわからず。

ソロモンという文字だけが頭の中でぷかぷかしてました。

ここです!オーストラリアの少し北にある小さな島々ですね。
それにニュージーランドとも近いんですね。

島好きな私は、その日本人の方から小さな島々から成っているソロモンの話を聞いているうちに、ものすごく行ってみたい気持ちになってしまい…

ミルフォードサウンドのツアーなのに、なんだかソロモンツアーみたいな感じになっちゃってました(笑)

数時間前はソロモンの場所も形も何も知らなかったのに、この変わり様。

今まで発展途上国には足を踏み入れたことがないんですが、ずっといつか行かないととは思ってたんです。

先進国で生まれ育ち、普通に学校で教育を受けて特に不自由なく生きてきたけど

実際発展途上国に行って見て体験して、学び得ることは沢山あるはずだと思います。全然世界が違う気がします。

なので、2018年から2019年の年末年始はソロモン諸島で過ごすことにー\(^o^)/

その日本人の方と出会った日から約2週間で、私はもうソロモンへの往復のフライトチケットを購入してました!

この優柔不断で心配性な私の、いつになく早い決断(笑)

ワーホリに来たらフットワーク軽くなるんですよね。出会う人(旅人)がフットワーク軽すぎる人ばかりなんで。

ニュージーランドで旅中に出会ったハンガリー出身の女性は、もう6年間世界を旅してると話してました(笑)

6年って最強です!!

他にも旅やワーホリで仲良くなった子の出身国も未来の目的地になってます。

ほぼ100%遊びに行きます!ニュージーランドで出会っただけで終わりにしたくないんでね♪

マレーシア、アメリカ、韓国、台湾、ドイツ、ニュージーランド(←また行きたい!)…etc

旅をしていると、どんどん次ここに行かないと!行きたい!っていうのが膨らんでいくんです♪

わくわくが止まりません!(笑)

健康であることの幸せ。

旅ができることの幸せです。健康な体だからこそ、できることですよね!

旅をしていると、(人にもよりますが)旅の疲れや文化の違いなど、なんらかの負担が体にかかるかと思います。

そのせいで体調を崩す、なんてこともあります。

なので旅を出来るだけ長く元気に楽しめるくらいの体力づくりは、日頃からしっかりしていきたいですね!

旅中で具合が悪くなると、本当に悔しいです。

バックパッカーズのドミトリーでひとり寝て過ごす…

避けたいですねー(笑)

元気だったらハイキングできたのに、ビーチで遊べたのに、キャンプにBBQにーって。

まぁ全て自己管理がなってないせいと言えば、それまでなんですが。旅の疲れはあまり自分じゃ気づかないので、知らぬ間に疲れて知らぬ間に微熱出てたりします(笑)

寝転がりながら、元気に旅していた頃の自分を振り返り、

「あー、幸せなことだったんだなー。」

としみじみ。

旅するお金、好きなことするお金はあるのに(頑張って貯めたので笑)、具合が悪くて思うように動けないとは何事だ!

お金よりも健康の方が大切だと、改めて実感する瞬間です。

自分はどこの誰なのか。

旅をしていると、たいてい自分は外国人。

自分ってアジア人で日本人で北海道民で○○家の長女なんだ。。。とか(笑)

どこに行きたいとか、何を見たいとか、どんな旅をしたいのかってのもその人自身の性格とか好みをよく表してると思うんですよね。

だから旅から自分がどんな人間かを学ぶこともできます(旅しなくてもできるけど笑)

特に1人で旅をしていると自分と向き合う時間が多いので、なんか特別な時間です。

ときどき、1人で海を眺めながら。山頂からの景色を眺めながら。自分は今日この時をここで過ごして、この土地の空気を吸っているんだって。

体全身で感じると、両親に感謝しかありません。

自分がどこか他の誰かじゃなく、あの(自分の)両親から生まれてきたわく旅ぶーちゃんでよかったと。

同じ時間は戻ってこない。

「今ちょっと金欠で…」

「いつか行きたいなー」

そう言って、行きたい国に行くのを諦めたり、やりたいことがあるのに後回しにする人がいると思います。

もちろん本当にお金がなくてやばい状況の場合は仕方ないですが。

「いつか行きたい」とは、「いつ」なのか。

具体的に決めないと、その「いつか」は一生来ません(笑)

お金とか仕事のこととか全部取っ払って、自分が何したいのか、どこに行ってみたいのか考えたときに

と浮かんできた場所や、やりたいことが自分の正直な気持ちだと思います。

それを現実世界で実現させるべきだと思うんです。空想の中だけでなく。

行きたいなぁと思って何も動かないでいる間も、時間は刻々と過ぎていきます。

人間、歳をとっていくにつれて、だんだん腰が重くなってきます。そうなる前に!(笑)

お金は戻ってきます。ですが時間は戻ってきません。

仕事をしたら、ギャンブルに勝ったら、宝くじに当たったら、投資で成功したらなど…

お金を取り戻す方法は沢山あります。

ですが、時間を取り戻す方法を私たちは知りません。

また同じところを訪れること、同じことを言うこと、同じ人と会うこと、、、

あるかもしれませんが、全く同じ時間は2度と来ないんですよね。

そう考えると、どれだけ時間というものが価値あるものなのか。

黙ってはいられないはずです。

今から行きたい国や地域に行ける程の時間とお金を確保できる方法を考え、行動に移していきましょう!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

フォローする