♡なんとか無事にソロモン諸島着陸♡到着したホニアラ空港と街の様子をチラリッ!

待ちに待った感動の着陸!ソロモン諸島、首都ホニアラに着いて私が目にしたありのままの姿。

日本→シンガポール

シンガポール→パプアニューギニア→ソロモン

で飛行機を乗り換え、パプアニューギニアでは飛行機に乗り遅れそうになりましたが(笑)

パプアニューギニアからソロモンのガダルカナル島、ホニアラに向かうフライトでは呑気に名探偵コナンの映画『ゼロの執行人』を日本語で見てました!

見たことのない方にとっては少しネタバレにもなってしまいますが、

毛利小五郎が犯人扱いされるシーンで若干泣きそうに(笑)

真剣に見すぎてたので、気が付いたらもうソロモン着いてました!!

ホニアラ国際空港にて。

到着~

やぁやあ、本当に着いちゃいましたよ(笑)

雨女の目の前に立ちはだかる青空✨

飛行機を降りたらそのまま外を歩いて入国審査へ!

入国カードを記入し、並びます。

真っすぐ貼られていない紙と、文字も中央揃えでない感じが最高。

普通に「何しに来たか」「どのくらい滞在するか」「誰か知り合いは現地にいるか」などの質問があり、難なく入国✨

預けていた小さなスーツケースとバックパックをピックアップ。

でもスーツケースにつけていたはずの結構お気に入りのベルトがなくなっていて若干ショックでした。乗り継ぎが多いとこんなこともやっぱり起きるんですね。。。

しかも鍵まで壊れていて(壊されていて)!

ちょうどスーツケースも古く傷もついていてそろそろ買い替え時かなー、と考えてはいたのでタイミング的にはバッチリだったかもです・・・

まあまあ、荷物紛失とかにならないだけOK♪

ココナッツジュースのお出迎え

ホニアラ空港では現地でお世話になるJICA(青年海外協力隊)の隊員さんが迎えにきてくれていて、だいぶ心強かったです!JICAの隊員さんとは2018年7月にワーホリでニュージーランド中を旅してるときに出逢った日本人女性がキッカケでつながりました(→詳しくはこちら)。

ホニアラの植物園で働いているHさんが、ガチなココナッツジュースを手に待っていてくれました♪

空港からタクシーを捕まえ、乗り込みます。

これが本当のココナッツジュース!

ずっしりしていて重かったですね。筋トレになりそう。

それに味も日本のココナッツジュースと全然違うんです!!

甘すぎず素朴な味がしました。(日本のココナッツジュースあんまり飲んだことないのでうまく比較できませんが)

豊かな自然・恐怖な自然

道端を歩いていると、バナナを見かけます。やはり南国なだけあり、日本で見かけるバナナよりも種類が多いです。

このバナナは少し小さく、短め太っちょバナナ♪

そんなに世話せずとも、勝手に育つそう。素晴らしい✨

ココナッツもたくさん生ってます。

ココナッツって名前も可愛いし、健康・美容の面でも注目されて人気✨

ですが、侮れません!

さっきもココナッツジュースの紹介で述べてますが、結構ズッシリ重いんです。

こんな重いのが、背の高いヤシの木から落ちてくるのを想像してみてください...

それが頭に当たって下半身不随、場合によっては死亡してしまったケースも全然あるそうです。

なので、普段私たちが外を歩くときには前は気にしても上を気にしながら歩くことって早々ないかと思うんですが、、、

ヤシの木の近くを通りかかるときは、本当に注意しながら歩くことをお勧めします!!!

ホニアラでほぼ毎日(日曜日以外)開かれているマーケットに行けば、バナナやココナッツ、他にもいろいろな食べ物がと安く売られています!

詳しくはマーケットについての記事でシェアしますので、もう少々お待ちを(^^)

ゴミの問題

ゴミに関してはソロモンが抱える問題なのかな、というところです。

ソロモンには(どこの海外もそうですが)日本のように自動販売機がそこらじゅうにありません。恐らくソロモンの街のあちこちに自動販売機があったら、もっとやばい状況になりそうです。

ゴミ箱は一応あるんですがね。。

入り切ってなかったり(笑)

誰か~回収しに来て~!

そしてそのゴミが詰まって起こるのか、詳しいことはわかりませんが

雨が長時間降ると、よく洪水っぽくなるそうです。

ビーチサンダル履いてたのでびっちゃびちゃです!

でも靴の中に染みてくるより良いですね♪

何故かカラフルな傘が主流

雨の日にはみなさん、カラフルな傘をさしている人が多いんです!

なぜだか虹色の傘がメジャーで、沢山売られています!

理由はわかりません(笑)

1本$35くらい。$1=15円くらいなので、525円くらいになります。

親日なんです。

ソロモンの方ってたいてい日本人に優しいんです!!!

ソロモンのガダルカナル島(首都のホニアラのある島)って、第二次世界大戦の頃、日本軍と連合軍の戦いの場となりました。要するに日本はソロモンに多大なる被害を与えた側になります。

ですがその後JICAからの支援が始まり、ガタガタだった道路をアスファルトで綺麗に平らにしたり。開発がどんどん進んできています。

日本から日本人が来て、生活がしやすくなってきたことで、日本人に対して感謝している方が多いみたいです。

一方で、日本人がまたどうにかしてくれるだろうと少し依存しがちな部分もある様子。

私たちのような日本人を見ると、「こんにちは」「ありがとう」など知ってる日本語で話しかけてくれる現地人もいます♪

さっきから写真でチラチラ見えていたかと思いますが、車はやはりTOYOTA(トヨタ)が主流。

スイミングスクールの車が使われていたり、ボロボロでも破損してても動くものは使ってます!

街に信号機はありません。

よーく確認して車を走らせ、人は道路を渡ります♪

ちなみに真ん中の赤いお花が生ってる木は、クリスマスツリーと言われているらしいです🎄

道端でよく見る謎の赤い液体

道を歩いていると、いたるところで目にする...これらの赤い液体。

誰かの血!?

と疑問に思う方もいると思いますが、、、

実は「ビートルナッツ」というものが関係しています!

ビートルナッツって聞いたことありますか???

恐らく旅好きで、よくアジアを周遊されている方は耳にしたり、試してみたりしたことがあるなんて方もいるかもしれませんね!!!

私は初耳で、でもせっかくソロモンに来たなら1度は試すべきと言われたのにも関わらず、、、

結局機会がなく試さずに帰国だったんですが(笑)

次回、世界のどこかでトライする日があるかもしれませんね♪

「ビートルナッツ」をさらりと紹介。

日本では、ビンロウ(檳榔)と呼ばれます。

薬のような、タバコのような嗜好品、依存性のあるものとして知られているらしいです。

サラリーマンが仕事終わりに飲むアルコールみたいな存在とも言えるそう。

このビートルナッツはソロモンにしかないものではなく、パプアニューギニア・フィリピン・インド・台湾などにもあるそうです。

ビートルナッツを食べた人は自然と唾液が出てきて、歯や口の中が赤くなります。

つまり、路上に赤い液体を発見したら、それはビートルナッツを噛んだ人が唾液を口から出した跡なんだ!ってことです。

ビートルナッツは基本出てきた唾液は出すもので、飲み込むと胃に悪いので注意くださいね。

食べると酔っぱらったようにふわふわ・クラクラしたり、人によっては湿疹が起きることもあるそうです。口の中が痛くなったり、反応や感想は人それぞれなのでトライする場合は自己責任ですね♪

発がん性もあるとか、体に良くない説もありますが、記憶力がUPする実験結果も出ているそうで。

マウス(ねずみ)を使って、ノーマルなマウスとビートルナッツを食べたマウスを用意。

どちらが迷路を早くクリアできるか!?!

結果…

ビートルナッツを食べたあとのマウスが勝利✨

ニコっと歯を出して笑ったときに相手の歯が赤かったら、その人もビートルナッツをやったんだと判断できます。その人にどのようにして食べるのか、尋ねてみると面白いかもしれませんね(^^)

※ホニアラ滞在3日間くらいの私が見た・聞いただけであり、ホニアラ全てソロモン全て・いつもいつもこういった状態だということではないのでご理解お願いします。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

フォローする