“early bird”って何?? “early bird”は得をする!?あなたも”early bird”にならなきゃ損!

今日から朝型人間に♪スピードを意識して生きたくなる話。

“Early bird”という言葉は海外では意外と頻繁に目や耳にします。

もしもあなたが“Early bird”ならいろいろな場面で特典を得ているはずです♪

例えば...

■スーパーの本日の目玉商品をなんとしても手に入れたい一心で朝の開店と同時にお店に入り、その商品をGETする家族や主婦。

■ニュージーランドのランギトト島に行く為、始発のフェリーを選び通常より安いチケットを購入した私。通常$33のところ$23でGET!
(ランギトト島って何?と疑問に思った方はこちら

オンラインでフェリーチケットを買った時の実際の画面↓↓

往復のフェリーチケットがオンラインから購入でき、始発だと通常より$10もお得なんです✨これは始発で乗るしかありませんっ‼

上に挙げた人たちは“Early bird”です。

“Early bird”がどういった人のことを指すか予想できましたでしょうか?

上に挙げた例の共通点を考えてみると、「早起き」という言葉が浮かび上がってくるかと思います。

このように“Early bird”は「早起きな人/朝型人間」(morning personとも言います)という意味を表すんです。

朝早い人は得をする。まるで日本のことわざ「早起きは三文の徳」という表現に似ていますよね!

実は英語にもそれに似た言い回しがあるんです。

“The early bird catches (gets) the worm.”

*worm:ミミズ

さらに、”Early bird”は必ずしも「早起きする人」を指すだけではなく、周りよりも早く動くことで得をする人という意味もあります。

例えばこちら。

これは2018年2月末、ニュージーランドにいた頃。

夜に私の住まいの近くにある広い公園で開催されたオペラのイベントについてのホームページの一部です。

PRICESの黄色で囲った箇所にはこのような記載があります。

「大人の”Early bird”割引期間は1月31日(水)をもって終了致しました」

このオペラのチケット。”Early bird”には割引がありました。でもこの場合は早起きや朝型人間かどうかなんて関係ないですよね。

先に行動した人=”Early bird”、は得をするということです。

映画館やスポーツ観戦のドームなんかも、誰が良い席をGETできるかと言ったら後から来た人・予約した人ではなく先に済ませた人のはずです。

せっかく同じものを買うのなら、安い方がいいですよね。

何事も先を見越して早め早めに動いている人が、人生で成功していたり、結果を出していたりもしますしね。

朝の方が人間の頭もさえているらしいので、早速明日から早起きして活動していきましょー!!

The early bird catches (gets) the worm.

早起きは三文の徳。

早起きしたら、何か良いこと起こるかもしれませんよ♪

わく旅ぶーちゃんは、苦手だけど自信ないけど英語を学びたいあなたを応援しています🐽

公式LINEでは定期的に英語のフレーズや表現を配信中!旅や英語、人生関係の記事もUPしていますので、ご興味ある方は是非1度ご登録してみてくれると喜ぶーます。

わく旅ぶーちゃん公式LINEはこちらだぶー☝︎

 もしくは@plz7422yでID検索!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする