ニュージーランドのOamaruにハマる。

みるみるOamaru好きになる。

南島で一番大きな都市Christchurch(クライストチャーチ)からバスで約4時間南下したところにある人口約1万4千人の小さい街。

野生のペンギンが見れることで有名ですが、実はペンギン以外にも魅力がたくさんあります。

とにかく街並みが素敵!

街並みがヨーロッパっぽく(行ったことないですが)、オフシーズンなので落ち着いていてのんびりできました。

現地の人によると夏は観光客がわんさか。忙しいらしいです。たぶん敢えて冬に来て正解だったと思いました。

夜になるとライトアップするオペラハウスも素敵。色はこれだけでなくていろんな色に変わるんです!

おそらくこの通りがOamaruのメインストリートになるのかな。

この通りにオペラハウス(右側)、インフォメーションセンター(左側)があります。

これは別の通りですが、街並みが本当にオシャレで可愛い。

DAIRY(デイリー)とありますが、特に乳製品だけが売っているお店というわけでなく、コンビニです。ニュージーランドではコンビニのことをよくDairyと言います。

スナックやジュースなどの飲み物が普通に販売されています。

Kiwi Rail

Oamaruでは毎週日曜日のみ電車が走るので線路があります。

公衆トイレ前のバス停(InterCity Busの停留所)があるEden Streetの、一本手前のConquet Streetを海の方へ向かってまっすぐ進んでいき線路を超えたところにこのKiwi Railの文字があります。

全然知らなくてたまたま街をぶらぶらしていたら発見。

ニュージーランド出身の人たちをNew Zealanderとも呼びますがKiwiとも言うんです。

ニュージーランドはフルーツのキウイで有名でもありますが、キウイという名の鳥もとても有名でニュージーランドの固有種の代表です。

その為、kiwiというのはニュージーランド(国)、人、鳥、果物を指して多用されています。

こんな会話もよく耳にします。

・He is Kiwi. 彼はニュージーランド出身です。

・You should find a handsome kiwi boy and get married so that you can get a permanent visa to live here. 永住権を取るためにニュージーランド出身のイケメンを探すべきよ。

あったかいベーカリー&ユニークなアートが魅力のHarbour street♪

この通りの雰囲気、大好きです。

ベーカリーとアートギャラリー以外にもカフェやバーもあります。

2日連続で行ったオランダ出身のEdさんのベーカリー

オランダ出身のEdさんのホームメイドのあったかパイとスープがオススメです。

真夏には外にまで列ができるくらいの人気店!

冬でも私が行ったときは、結構ひっきりなしにお客さんが来ていました。

最初は中はどんな感じなのかと入っただけで何も買うつもりはなかったんです。

Edさんと話していたらお腹が空いてきた気もして(恐らく気のせい)結局ミート&マッシュルームパイを食べることに(笑)

ほっくほく~。

本当は$6.50するんですが、おまけで$5で食べれました♪ラッキーです(^^)

次の日、今度はスープを食べてあったまる作戦で再び行ってきました。

これがホームメイドのスープ。

母親のレシピを受け継いで作っているらしいです。

中には玉ねぎ、ニンジン、セロリ、ベーコン…等野菜いっぱいで健康的。個人的にセロリは好きではないのですが、全くセロリの味がしなかったので問題なく美味しく頂きました。

携帯で撮った写真をプリントアウトするのを試しているみたいで、お客さんと写真を撮ったら壁に飾っていこうと考えているそうです。Edさんと2ショット撮っちゃったのでもしかすると次行ったときには貼ってくれているかもしれないです。むしろなかったら悲しすぎますけど(笑)

確かめに行かなきゃですね。

アートギャラリー・可愛いお土産屋さんも!

個性的なアートがあちこちにあります。無料なところがほとんどなので、興味があったらどんどん入ってみましょう。

これはお土産屋さんで見つけたもの。このキャラクターが可愛くて気に入りました。

COOL BANANAS!

確かにバナナがサングラスをかけていてクールなんですけど、それだけではないんですね。

”COOL BANANAS”という表現。これはニュージーランドやオーストラリアで使われる言い方で、例えばEverything is cool bananas.というとEverything’s good.という意味になるそうです。

この作品を作っているのはChristchurch出身のTonyさん。ふざけたものからシリアスな作品まで幅広くあるそうです。

SteamPunk museum

大人$10で見て触れて体験して楽しめる。触り放題、試し放題、写真撮り放題で自由!

きっとSF好きにはたまらない… でしょう。(私は違いますけど)

でもこんなオルガンもあっていろいろとユニークな音を出して楽しむことができました。

扉の向こうにお庭があって、外にもいろいろと展示されています。

ビールのテイスティング@Scotts Brewing Co.

ここはビール好きなら(嫌いでないなら)絶対行くべきです!!

Oamaru地ビールのテイスティングができます。

メニューはこちら。

右側の色が薄目なのがメニュートップにあるGolden Ale。左側がLagerです。

店員さんからオススメを聞いて、この2つをチョイス。

無料ではないですが、1杯$3でこの大きさのグラスで渡されるのでビックリ!

テイスティングなのでもっと小さいショットグラス的な大きさかと思ってたので2種類オーダーしてしまい、、、お昼間からほろ酔い気分(笑)

外の景色も良いし、ビールはそんなに得意でもない私でも飲みやすく美味しいし最高でした。次回Oamaruを訪れた際はまた絶対寄ります。

次は誰かとビールと共におつまみもオーダーして楽しみたいですね。

Kakanui(カカヌイ)

Oamaruから少しだけ南に行ったところにあります。

ここはOamaruの中心地からちょっと離れているので、車がないとなかなか難しいかもしれません。

私はラッキーなことにおじちゃんがペンギンツアーのついでに連れて行ってくれたので行けちゃいましたが(笑)

訪れたのが冬で誰一人とビーチにいなかったからかもしれませんが、このビーチを独占できる幸せったら最高でした。

泳げない私にとっては夏のビーチよりも冬の方が好きかもしれません。

こんな綺麗なビーチと雲1つない青空の下でおじちゃんが持ってきてくれたビールを飲み飲み。なんて贅沢なんでしょう(笑)

ペンギンだけじゃない!Oamaruをまるまる復習!

★ヨーロピアンな街並みに見惚れんばかり。
★Kiwi Railの文字がクール。
★Harbour streetは絶対散策すべし!
★SteamPunkで五感をフルに使って。
★ビールのテイスティングでホロ酔って♪
★車があるならKakanuiまでGO!

(素敵なおじちゃんにも会えるかも!?笑)

もちろん、ペンギンもお忘れなく!
ペンギンの記事はこちら

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

フォローする