【後編】初めての発展途上国旅行でソロモン諸島へ!!乗り継ぎって大変ですね。

ドキドキ・わくわく・ハラハラの年末年始旅行。ソロモン諸島までの旅の素敵な始まり~♪

前編をご覧になってない方はまずは前編へ!

2018年12月26日、10:50羽田発。

乗り継ぎで日本からシンガポールまで無事着。

“Transfer”(乗り継ぎ)なので、矢印の方へ進みまーす!

“Welcome Terminal1!”

今回はオーストラリアのシドニー空港でターミナルを間違えた経験を活かし、アンテナ張りまくってますよー。

旅程表を握りしめ、確認し乗り継ぎのターミナルへ\(^o^)/

プチハプニング①(シンガポール→パプアニューギニア)

初のシンガポール!チャンギ空港で乗り換え。

着いた途端、空港の大きさと綺麗さに感銘を受けました✨

少し中をぐるぐる探検しましたが、迷子になりそうな気もしたので変にうろちょろするのはやめておきました。

ラウンジがとっても綺麗なんです!

というかオシャレ♡

次のフライトまで3時間もあったので、とりあえずスマホを充電しながら空港のWi-Fiを繋げて日本の家族や友達に連絡したり♪

呑気にフカフカの椅子に座ってくつろいでいたんですが、

ふと自分の腕時計とスマホが示す時間が違うことに気づき!!

そうなんです。シンガポールなんで日本と時差があるんですよね(笑)

日本の方がシンガポールよりも1時間早いことになります。

そろそろ搭乗口(gate)がどこかをチェックしようと表示されているスクリーンの前で

ボーっとしてると、ガミガミしてそうなおばちゃんに話しかけられました。

ガミガミおばちゃん:「大丈夫?」

私:「あ、はい。たぶん(笑)」

ガミガミおばちゃん:「あんたどこさ行ぐの?」

私:「乗り継ぎなんですけど、ここからパプアニューギニアまで行くんです。」

ガミガミおばちゃん:「チケットは?」

私:「はい」

と私が取り出したのは東京からシンガポールまでの航空券。

ガミガミおばちゃん:「それじゃないだー。シンガポールからパプアニューギニアまでの航空券がないとだめだぁ!」

私:「え、あそっか。でもそれってどこで手に入るんですか?」

ガミガミおばちゃん:「ちょっと待ってな。・・・・・あっち。あっちにずーっとまっすぐ行ったところにカウンターがあるから、そこでもらっておいで。」

私:「ありがとうございます!あっちですね!?」

ガミガミおばちゃんに少し怒られた気分(笑)

言い方がちょっときつかったんですねー。

でもおばちゃんのお陰で、乗り継ぎの航空券が必要=まだチェックインができていない!

ことがわかったので感謝です。ほんとに。

ボーっとしてる場合じゃなかったと気づき、やや速足でチェックインへ。

26日でクリスマスなんて昨日で終わってるのに、空港はまだクリスマス★

チェックインしに行く途中にあるものが目に留まり。。。

寄り道。

これ、めっっっちゃ気に入っちゃたんです♡♡

別にスポーツを定期的にするわけでもないのに、こういうのカッコよくて惹かれるんですよね。

当たり前ですが$100以上もして…ネットで調べてみても売り切れでした。

寄り道してる場合でもなかったので、諦めて先を急ぎます!

着きましたーっ!

スクリーンには“PLEASE WAIT IN QUEUE”(並んでお待ちください)の文字の下に私が利用する航空会社Air Niuginiがちゃんとあります♪

ここでチェックイン。

荷物のピックアップ時はいつなのか、羽田国際ターミナルでのチェックイン時で確認しましたが、念には念をということでここでも尋ねます。

すると、羽田ではパプアニューギニアでピックアップするよう言われていたのが、ここのおばちゃまスタッフによると最終目的地のソロモンでピックアップでOKだそう。

聞いてみてよかったー。

そしてついに搭乗✨

初のニューギニア航空です。

ちょっと小型。

そしてなんか何とも言えない独特な匂いがしました。臭くないんですが、独特な。

写ってる方は女性ですが、キャビンアテンダントはなぜか男性が多いイメージでした!

夜だったので、飛行機からの夜景も最高!

座席の隣の人がパプアニューギニア出身のビジネスマンで。

シンガポールでの出張の帰りだったそう。意外?にもジェントルマンで感じの良い方でしたね。

パプアニューギニアって治安が悪い国って聞いていたので、実はちょっと怖かったんですが

そのビジネスマンのおじさんのお蔭でイメージが少し変わりました✨

たった1人でも、その国のイメージを変えるくらいの力ってあるんですよね。私も日本人として恥ずかしくないように振る舞わないといけないなー、、と感じます。

離陸から約1時間で、お食事ターイム\(^o^)/

カレーみたいな、、、日本のお米ではなくなりましたが普通に美味しかったです。

食べて寝たら約8時間後くらいに、パプアニューギニアに着陸。

幸せです🐽

プチハプニング②(パプアニューギニア→ソロモン)

こちらがパプアニューギニア。

首都のポートモレスビーという、治安が悪いとは聞いていたものの…

そうでもなかったですね。

乗り継ぎで外には出てないのでわかりませんでしたが、空港内にいる分には全然普通でした。全く危険な感じゼロ。

小さい空港ではありましたが、お土産屋さんやカフェも併設されてます。

キナ(kina)という通貨単位で一体いくらなのか全然わからず。

乗り継ぎまでにまた3時間くらいあって、暇だったのでカフェで軽食でも頂こうかと中に入ってみました。

キナと単位のお金は持ち合わせていなかったのでクレジットカードで支払いたかったのですが、20キナ以上?でないとクレジットカードで支払いができないという。。。。

仕方なく、レモネードとオススメのクロワッサンを注文♪

20キナ以上なら、ちょうど20キナくらいが良かったんですが30キナもお会計になっちゃいました。(調べてみると2019年2月時点、この記事を書いてる日は1キナ=32円と出てきました)

1000円以下でレモネードとクロワッサンが楽しめたのは...

恐らく、普通?かな(笑)

とりあえず予定外の出費でしたが、美味しかったし、注文したものを運んできた店員さんが笑顔で可愛かったのでOK。

しかもこのレモネードはパプアニューギニア(PNG)で作られているらしいので若干テンション上がります♪

※パプアニューギニアってPNGと略されるらしいんです。

食べるものも食べて、ぶぅーっと一息🐽

スクリーンで自分の搭乗口(ゲート)と時間を確認し、まだ1時間以上もあったので、スマホを充電しながら少し仮眠をとることにしました。

上から2番目の”PX0080″のHoniara(ホニアラ)行きのフライト✨

ホニアラはソロモン諸島の首都!

数々の小さな島で成り立つソロモン諸島の首都ホニアラがあるのがガダルカナル島。

ソロモンって言うと

「どこ?」

と皆さん首を傾げるんですが、「ガダルカナル島」と言うと

「あ~。聞いたことある!」

となります(笑)

空港にWi-Fiがあればよかったんですが、ないみたいなので。

・・・。

仮眠をしていると、聞こえたんです。

“Yamazaki~(ヤマザキ~)”

という名前が。(私の名字はヤマザキなんです)

どうやら、ヤマザキが呼び出されているようで。。。

ヤマザキ!?誰だ?私?

いや、でもこの世の中にはヤマザキはいっぱいいるし…

それに、私の腕時計ではまだ出発まで1時間もあるのに。

1時間前から搭乗なんて普通しないし。。

と寝ぼけていたら、目が覚めました!!!

パプアニューギニアのこの空港に日本人なんてほぼいないのに、

ヤマザキが私じゃない確率の方が確実に低いと!

さらに、時差があるんです!腕時計が示しているのは日本時間。スマホが指しているのがパプアニューギニアの時間。私がチェックしなきゃいけないのは今いる現地パプアニューギニアの時間!!

1時間の時差があり、パプアニューギニアの方が1時間早いんです!

要するに、もう搭乗時刻というか、あと数十分?で出発する時刻だったんですよ⚡

辺りを見渡し、慌てて充電していたスマホのコンセントを抜き

荷物をまとめて立ち上がり搭乗口へダッシュ!!!!!

私はここだぁーーー!

頼むから置いてかないでくれぇ~

搭乗口のスタッフさん:ヤマザキさんですか?

私:イエスイエス!!!ワタシ、ヤマザキ!

とにかく必死でした。

搭乗口のスタッフさん:よかったわー。あなたが最後の1人よ。

スタッフさんの優しさに感謝感激✨

これでソロモンまで行けます(^^)

恐るべし時差。乗り継ぎって油断できませんね。

でもみんな親切なことにラッキーと思うほかありません。

ありがたや~

つづく。。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

フォローする