英語の漫画で英語だけでなく料理レシピも学べる優れ本!!!

英語学習に最適な漫画、よしながふみさんの作品『What did you eat yesterday?』

私も実際にこの漫画読んでます!実はニュージーランドへのワーキングホリデーへ行く際もスーツケースに忍ばせて行きました(^^)

ちなみに第1巻はこちらです↓

英語だとカッコよく見え、聞こえるかもしれませんが、要するに「昨日何食べた?」というタイトルの漫画です!

「昨日何食べた?」

「え、あれ?なんだっけ…?」

※こちらの漫画は決してそんなボケた内容ではありません。

この漫画を知ったキッカケ

よしながふみさんの作品の1つ『What did you eat yesterday?』は英語版も日本語版もあります。

でも私が最初にこの作品を知ったのは英語版✨

職場(英会話スクール)の講師(アメリカ人)が読んでいて

「何なに!?なにそれー???」

と私が食いついたのが始まり。

普段ほとんど漫画は読まないんですが、これは1巻だけでも2回3回と読んでます。

1度読んでから気に入ってしまって、この本あげるよと1巻だけですが貰っちゃいました♪

そこからハマっちゃったんです(笑)

日常英会話が楽しく学べる

気になる内容ですが、、、

ネタバレすぎると面白みに欠けるのちょっとだけ話すと、

舞台は日本。美容師(男)と弁護士(男)が2LDKで同棲。2人はゲイカップルです。

何気ない日々を過ごす彼らを取り巻く環境や問題、ゲイの息子と両親がどのように向き合うかなどにつにいても描写されている。(※もちろん全てのゲイやセクシュアルマイノリティが同じ問題直面するわけではないですが)

上の1巻の表紙の左側が料理上手かつ節約家の弁護士Shiro(史郎)。

右側が素直で陽気、Shiroの髪の毛も切ってあげる美容師Kenji(賢二)。

これは1巻で私が好きなシーンの1つ。

fumi yoshinaga『what did you eat yesterday? 1』p14

ハーゲンダッツを買って帰ってきたKenjiに対して怒るShiro(右側)。

「また無駄遣いしてきたのかー今日はなんだ!?アイスだと~!??

ハーゲンダッツは駅の向かいのスーパーで毎週金曜に20%OFFで買えるのに、なんで何で角の別のお店で普通の値段で買うんだよぉ~」

まるで典型的な夫婦の会話のようです。

会話から自然な表現が学べます!恐らく教科書では私たち大人が習ってこなかったような。。

Shiroに怒られ、ちょっとヒヤヒヤしてるKenjiがハーゲンダッツ買ってきたなんて言いにくいなぁと口ごもる様子から、

“Huh? Wha? Uhm”

fumi yoshinaga『what did you eat yesterday? 1』p14

と、答えるのを躊躇しているときにはこのように言うんだ!ともわかります。(スペルもわかります→LINEなどのチャットで使える!!)

“You can get Haagen-Dazs for 20% off…”

fumi yoshinaga『what did you eat yesterday? 1』p14

と続くShiroのグチグチ言っている不満からも、「20%OFFで」と言いたいときには“for”を使うんだ~と。

感覚的に学べるんですね♪

“so why you pay full price at the corner store?”

fumi yoshinaga『what did you eat yesterday? 1』p14

本来なら“why did you pay full price…?”と言わないと文法的におかしくない??と疑問に思う方もいるかもしれませんが、ここでは主語のyouと動詞のdidが省略されています(カジュアルなシチュエーションだから省略OK)

こんな感じで自然な英語表現に自然に触れることができて、かつ内容も面白い♪

1冊の中に何話かストーリーが入っているので、短時間でも読みやすく作られています。

英語でレシピと料理英語も学べる!

この漫画は英語を学びたい方だけでなく、もう一歩踏み込んで英語で料理やレシピ(特に日本食)を学びたい方にとっても、大変オススメできるものです✨

例えば、調理の過程でこのようなシーンがあります。

fumi yoshinaga『what did you eat yesterday? 1』p92

sardines(イワシ)の料理を作っているシーンです。

必要な調味料が書かれてあります。当たり前ですがイラスト付きなのでわかりやすい。

梅干しも使うなんて和ですね~♪

Tbspは、それ単体で見ると何のことかわかりませんが、レシピの中で見ると…

Table spoonの略!?かな???と予想できます。

ここでちょっと最初の吹き出しを見てみましょー。

“carefully rinse out all the blood…”

fumi yoshinaga『what did you eat yesterday? 1』p92

「魚の血を全部気を付けて洗い流して…」と、洗い流すってrinseなんだ~と。rinseって髪洗う時に使うシャンプー&リンスのあのリンスじゃん!と納得✨

漫画って人が話すセリフだけでなく物音も書かれているので、いろいろなシーンでどんな状況でどういった音を英語で表現するのかもイラストを通して容易に知れちゃうってところが漫画のすごいところですよね✨

さらにストーリーの中で出てきた料理のレシピがまとめて載ってるページもあるので、料理するときも見やすい♪

日本では、ようやく2020年より英語教育が国レベルで変わっていきます。小・中・高・大学で今まで詰め込む式でひたすら暗記することに重点が置かれきていましたが、今後はそれらを活用できる英語が求められる時代になります。(学校によっては国が動くよりも先に実用的な英語教育に取り組んでいるところも沢山ありますが)

もう「英語を学ぶ」から「英語で〇〇を学ぶ」「英語で〇〇する」という方向にシフトされてきているのにお気づきの方もいると思います!

英語でスポーツ、料理…

英語でディスカッション、ディベート、プレゼンテーション…etc

それらが出来る力が必要になります。

この漫画をオススメしたい人ってどんな人?

■英語が好きな人、楽しく学びたい人
■漫画が好きな人
■料理が好きな人、学びたい人
■セクシュアルマイノリティについて関心がある人
■飲食店で外国人と働いている人
■外国人と仲良くなりたい人
■日本食が好きな外国人
■日本文化が好きな、学びたい外国人
■外国人に日本食を作ってあげる予定のある人

この漫画は英語だけでなく、料理やレシピ、はたまた文化、社会問題についても学べる✨

ただ、その辺の本屋さんには置いていないので基本的にネットから購入!楽天で検索しても出てこないんですが、Amazonなら沢山出てきます♪

まさに一石二鳥の作品です!!!

これを読んで料理できるようになったら英語でレシピを人に教えられるし、応用して日本語のレシピも英語で言えるようになっちゃいますよ♪

もしかしたら、外国人の彼氏や彼女ができちゃうかも!?(笑)

日本食の作り方を英語で説明できるとだいぶ楽しいと思います!

旅先や日本で知り合った外国人と一緒に作って、作り方教えてあげて、美味しく食べる!!

最高ですね\(^o^)/

スポンサーリンク

シェアする

フォローする