ニュージーランドの南島、最南端の街に来たら立ち寄りたいスポット

最南端の街、Inveracagille(インバーカギュー)から車で約1時間で行けちゃうオススメ。

ニュージーランドの最南端の街に行ってきました!

当初は行く予定すらなく、というよりも街の名前も知らなかったんです。

インバーカギュ―っていう名前を覚えるのですら、聞き慣れなかったので大変でした。

でもNelson(ニュージーランド南島で私が半年過ごした街)で仲良くなったマレーシア出身の子が、その街に住み始めたということで、会いに行くことにしたんです♪

ニュージーランドの最南端って寒くないの?

私はインバーカギュ―を訪れたのは7月中旬(2018年)。

夏やん、大丈夫。

いえいえ、忘れてはいけません。日本は北半球にありますが、ニュージーランドは赤道をまたいで南半球に位置するということを。

南半球の最南端って、、、

めっちゃ寒そう。。

だって日本の北海道だって本州と比べたら寒いし、

ロシアだってアラスカだって寒いじゃん。

と思って少しビビってました。私は北海道出身なんですが、そんなに寒いのが得意ではないので。

関東の冬でさえ、ヒートテック4~5枚着るほど。タンクトップのヒートテック、半袖のヒートテック、七分袖のヒートテック、長袖のヒートテック。やっとこその上に公共の場で見られても構わない服を着ます。

ちなみに、どのくらい南なのか地図で見てみると...

めっちゃ南!しかも、ニュージーランドってオーストラリアのお隣さんだと勝手に思っていましたが、ちょっと下の方にあるんですね。

これはますます寒そう。

ですが実際に行ってみると、そんなに寒くなかったんです!

北海道の冬よりも断然寒くないですね♪

冬はマフラー・手袋・コートなどは必要かもしれませんが、街に雪はありません。日中に気温がマイナスになることも、ほぼありません!

なのでこれから行く予定の方もご安心を☆

ではでは、一安心したところで早速おすすめスポットをいくつか紹介していきますね。

世界最南端のスターバックス

実は世界で最も南にあるスタバは、ニュージーランドにあるんです!!!

これはインバーカギューの街中にあるので、徒歩で行けます。

スタバファンにとっては必須の観光スポットでしょうか?

最南端だからといって、オシャレな構造でもなんともなく、普通のスタバですけどね…(笑)

敢えて違いを言うならば、店内に”The World’s Most Southern Starbucks”の文字、さらに緯度と経度のサインがあるくらいでしょうか。

ですが世界で最南端にあるスタバ、というのもなかなか行けるものでもないのかな?とも思うので興味のある方は休憩がてら行ってみてもいいかなと思います♪

いつも強風に見えるSlope Point

Slope Point(スロープポイント)という場所があるのを知ったのはOamaru(オマル)という街をひとり旅しているときでした。

街の通りに並ぶアートギャラリーを見ていると、木々がふんぞり返っているような絵画があったんです。

これこれ↓

何もわからない私は、上の写真に3分の1だけ写っているファンシーなおじさまアーティストに聞いてみました。

「これって実在するんですか?どこを描いたものなんですか?」

すると、この場所はニュージーランドのSlope Pointというところだと教えてくれました。

私:「強風の日に描いたんですか?」

おじさま:「ここは強風でなくても、いつでも木々がこんな形をしているんだよ」

ほぉ~。それは興味深い。。。

あとで場所を調べてみると私が行こうとしていたインバーカギュ―からそう遠くないことが判明。会いに行く友達と一緒に行くことになったわけです♪

Slope Pointへ向かう途中。

既に風になびいているように見える木々を発見。

この辺なのかなーと思い、車を止めて少しうろうろ歩いてみました。

ですが、お目当てのSlope Pointが見つからず...

とりあえず歩き続けていると、なんだか隅っこの方で固まってい白っぽい(グレーっぽい?)モフモフを発見。

何だろうと思い、近づいてみると完全に身動きが取れなくなっているようでした。

脱走しようとでもして、動けなくなってしまったんでしょうか。

他人の家の羊なので、何もできず。私たちはそのまま車に戻り、再びSlope Pointを探します。

そうするとついに見つけました!

ここです!まるで巨人が息を吹きかけているような。巨大なドライヤーをかけているような。

この日は、全くもって強風でも何でもない日。

むしろ風なんてほとんど吹いてなかったです。

この木々ですが、ボーっと歩いていると通り過ぎちゃいます(笑)

実際私たちも話しながら歩いていたのもあり、通り過ぎる寸前でした。

看板も発見。20分、矢印の方へ歩きます!

てくてく歩いていくと。。。

海に崖!

さらに黄色いサインがありました。

EQUATOR(赤道)まで5140km。SOUTH POLE(南極)まで4803km。

ニュージーランド南島の最南端です!

柵も何もなく、下は海なので誤っても落ちないようお気を付けください。

夕日を見にCurio Bayと灯台へ

だんだんと日が暮れる時間が近づいてきました。

一緒に来た友達の提案でCurio Bay(クリオ湾)というところへ。

Slope Pointから車で20分。

あっという間に到着。

2人とも雨女ですが、この日は晴れていました。

綺麗なところです♪

季節的なことも関係しているのか(冬に行ったので)、あまり人はいませんでしたね。

でもサンフライ(蚊に似ているが、蚊よりもたちの悪い虫)はうじゃうじゃいました。。。

刺されると厄介なので、景色を楽しんですぐに車に入ることに。

友達がこの近くにあるWaipapa Point Lighthouseという灯台を見に行きたいとのことで、早速向かいます。

どんどん沈んでいく日に急かされながら、約40分間、車をブンブン飛ばしていきました!!

間に合いましたー!

本当に日が沈んでしまうギリギリの時間に到着。

逆にこの時間に着いて、この空の色を目に出来て良かったです。

Bluff(ブラフ)で新鮮なお牡蠣をディナーに

インバーカギュ―から1時間程さらに南下したところに位置するブラフ(青い●)です。

あ、寒さはやはり海が近いのでインバーカギュ―と比べて、ちょっと寒くなるかなといったくらい。風もやや強めでした。

ブラフは、毎年牡蠣のフェスティバルが開催される程、牡蠣で有名な場所。

私たちがディナーで訪れたのはここ、”Oyster Cove”。

ここは内装もお洒落で綺麗!

ウエイターのお兄さん(年齢不詳ですがなんとなく)が結構プロフェッショナルかつユーモアも織り交ぜたサービスをしてくれ、思わず笑ってしまう場面もありました(笑)

Oyster Coveに来てオイスター(牡蠣)をオーダーしないわけありません!

2人でシェアするかたちでこちらいただきました~♪

♥真ん中の5つの牡蠣さん。($34)

♥左のはKumara(クマラ)という芋で、日本のサツマイモの甘さを除いたような味がします。Kumaraを横に添えてあるアイオリソースにつけて食べると最高なんです!($8)

♥右のはエビです。アヒージョに少し似た感じ。($9)

生牡蠣のフレッシュさがたまりません!

ちょっとお高かったですが、来てみて良かったお味とサービス、さらに雰囲気でした。

お手洗い付近にあるソファもお洒落♪♪

“The world is your oyster”と書かれており、オイスター(牡蠣)の貝殻がくっついています。

見た目はお洒落ですが、貝は固いし、クッションを背に腰を掛けても枕にしてもゴツゴツ痛そうなので、使い心地には疑問が残ります。。。

このレストランは雰囲気もいいし、カップルや夫婦なんかで食べに来るとムードありますね!

最南端の楽しみ方。

インバーカギュ―やその周辺を訪れる場合は、上記に挙げたスポットに是非立ち寄ってみてください(^^)

可能なプランとして、例えば、、、

(※場所のをクリックするとGoogleマップに飛びます飛びますっ!)

3:00am  おやつに世界最南端スタバ。(インバーカギュ―市内)

日が沈む前に余裕をもってSlope Pointへ移動。(インバーカギュ―市内から約1時間)

夕日を見にCurio Bayへ。(Slope Pointから約20分)

ついでに灯台も。(Curio BayからWaipapa Point Lighthouseまで約40分)

日が沈んだ頃、ディナーにブラフの牡蠣(Oyster Cove)を食べに!(Waipapa Point LighthouseからOyster Coveまで約1時間)

心もお腹も満腹プランです♥

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

フォローする