ニュージーランドのウェリントン駅から近いバックパッカーズ

ウェリントン駅前の宿はやっぱり便利!

ニュージーランドの首都、ウェリントンには約40万人もの人が住んでいます。

2018年8月中旬、南島のピクトンという街からフェリーで北上し約3時間半で到着。

ウェリントン駅前は日本みたい。

フェリーを降りて、ウェリントンの駅まで無料シャトルバスで移動。そのバスでアメリカのカリフォルニア州から来ていた1人の旅人に出会いました。

たまたまその子も私と同じバックパッカーズを予約していたことが判明し、一緒に行くことに。Google map曰く、徒歩1分という近さなのに2人で道に迷い…(笑)

チェックインに向かう頃、夜6時をまわっていたので外はもう真っ暗でした。

これがウェリントンの駅です↑

なかなか立派ですよね!!

駅前の街並みは日本と似ています。

ウェリントンはビジネス街って感じで日本のようにビルが多く並んでいるんです。

ニュージーランドの中では都会な方なので、夜遅くまで飲んでいる人がいたり夜でも出歩いている人は多い方ですね。

ホテルのようなバックパッカーズ!

ホテルのような、というか実際の宿の名前が”Hotel Waterloo & Backpackers”というので

ホテルでもあり、バックパッカーズでもあるんだろうと思いますが。

駅からバックパッカーズまでGoogle mapに混乱させられながら、どうにか辿り着きました!

(Google mapって反応遅いときありません?向かっている方向をきちんと示してくれないこともあって余計に迷います笑)

迷いながらもなんとか到着!

中に入るとまず迎えてくれたのは、、、

めちゃくちゃ背中を反らした状態でフロントとロビーを照らしてくれている子供の像。

腹筋、背筋、ふくらはぎをフルに使った姿勢です。

ここはエレベーターもあるので大荷物でも車椅子でも安心。

左にあるのは自動販売機なんですが、ある男性がジュースを買おうとしてお金を入れたのにジュースがひっかかって出てこなくて、、、困っていました(笑)

バックバッカーズのフロントスタッフとその男性とで、自動販売機を揺らしたり

他の物を買って落とそうとしたりで、結局10分くらい格闘していてようやくジュースを手に入れることができたようで。男性も笑ってました(笑)

皆さんも気を付けてください。自動販売機で何か買うときは周りに助けてくれそうな人がいるところで♪

エレベーター内は少し不思議でした。

壁に絨毯が敷いてあるんです(笑)

何かの間違いでしょうか?でも触ってみると本当に絨毯の感触なんです。

この建物は4階くらいまであります。

私のお部屋は3階。着くと、本当にホテルのよう。これで1泊$24とかですよ!!

部屋の鍵はカードでオートロックです。カードと一緒にいろいろと無料Wi-Fiや施設利用について記載のある小さな紙をもらいました。

1杯目が半額って!やばくないですか!?!?

当初、私よく見ていなくて、今ブログを書きながら気づきました!

まだこの紙持っているんで、次回行ったときに使えますかね??(笑)

ホテルっぽい内装でも私の予約したお部屋はドミトリーで完璧バックパッカーズ。

お部屋はそんなに広くはなかったですが、室内にバスルームがついているのは便利でした✨

中はひろーい!交流が好きなひとに最適

他の階には何があるんだろう?

ということで少し探検してきましたー!

まずは2階!!

バー、プール(スイミングプールではありません笑、ビリヤードに似ている遊びを指します)、カフェがありました。

バーがOPENしている時間帯のみプールで無料で遊べます!

ハッピーアワーは夜7時から9時。意外と遅めですね。

ドリンクは25%OFFという割引付きです。

カフェも充実してそうでした♪

朝食からランチ、ハンバーガーにステーキやフライドポテト。

ちょっとしたスナックもあります。

カフェのカウンター右横にキッチンへのドアがあり、なぜか入り口と出口に分かれています。

私はそうとも知らず、出口から一生懸命入ろうとしていたのに入れず、、、1人で困っていました(笑)

キッチンも広々としていて良かったです(料理はしなかったですが)。

清潔感もありましたね!

実は朝起きてカフェに来てみたときに、カウンター付近に食パンやフルーツ、ヨーグルト、シリアルなどがバイキング形式に並べてあったんです。ひとり、取り皿にとって食べている人がいたので、私もこれ食べていいのかなーと思い、カフェのスタッフに聞いてみました。

“Is that free breakfast?”(これって無料ですか?)

そしたらNOでした( ;∀;)

仕方なく、朝ごはんはこのバックパッカーズに隣接しているサブウェイ(あのサンドイッチのチェーンの)に行って食べることにしました。

階段を下りていくと、、、またありました!

フロントにいた背筋のラインが素敵な子供の像が、ここにも。

この像、自分の家に欲しいです(笑)

このバックパッカーズには1泊だけで、翌日の午前中にバスに乗って移動。

バス停は駅の中に入って奥に進んでいったところにあります。

駅内もスーパーがあったり、カフェがあるので非常に便利!

右側にある赤字でNEW WORLDと書かれてあるのがスーパー。

左手にあるPLATFORMSの方に行くとバス停があります!

この日はこんなに良いお天気でした。(駅前の写真)

ウェリントン、さようなら~

てな感じでバスに乗り込み、次の目的地Rotorua(ロトルア)へ。

駅前、Hotel Waterloo & Backpackersのまとめ。

住所: 1 Bunny St, Pipitea, Wellington 6011 ニュージーランド
(Wellington Railway Stationから徒歩1分)

■バー、カフェ、プール付き
■無料Wi-Fi(1日1GB)
■フロント、キッチン24時間OPEN!

Booking.comの評価もGOODです✨

ウェリントンを訪れたときは、是非Hotel Waterloo & Backpackersを利用してみてください。

特にウェリントン駅を利用する方にとっては最高の立地です!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

フォローする