いざ。ニュージーランドの富士山へ行ってきました!!

ニュージーランドにある日本の富士山にそっくりな山、タラナキ山。

実は、ここニュージーランドにタラナキ山と呼ばれる、日本の富士山に似ている山があるんです。

ところで皆さんは肉眼で富士山を見たことはありますか?

または登ったことはあるでしょうか?

私は大学時代山梨に住んでいたので富士山はよく目にしていましたが、残念ながらまだ1度も登ったことがないんです。でも生きてるうちに必ず登ります!

あなたは富士山がどちらがわかりますか?

いきなりクイズです♪

AとBの山、どちらが富士山だと思いますか?

どうでしょうか?

答えはこの先は読み進めていくと、わかります。

ニュージーランドにある異国の地からタラナキ山へ。

前回投稿した記事で紹介した、ニュージーランドにあるニュージーランドじゃない国「ファンガモモナ」から約1時間ちょっと

ファンガモモナを経由し、タラナキ山が最終目的地です。


ファンガモモナからストラトフォードという街を通り、タラナキ山へ。

どんどん進んで行くと、遠くの方にまるで富士山のような形をした山が雲から顔を出しているのが見えてきます。

近づいていくと、綺麗な二等辺三角形をした山が雲から顔をひょっこり突き出しています。

これがニュージーランドの富士山!

さらに進んで行くと、もうほぼ山にいるような雰囲気で自然に囲まれます。

こんなところ、夜に1人で走ったらちょっと怖いですね…(笑)

一方通行なので、夜道は本当に対向車に気を付けないとですね。

こんにちは、タラナキ山。

一緒にここまで旅してきた友達と、とうとうやってきました!

タラナキさーーーん!

タラナキ山の「タラナキ」はマオリ語(タラ=山頂、ナキ=輝く)

ヨーロッパから渡ってきた人たちはこの山を英語でMt.Egmont(マウント・エグモント)と名づけました。

タラナキ山の前に立っている建物が、私たちの宿泊先のコニ二ロッジ(ここは標高900m)。

価格的にはバックパッカーズと似ていますが雰囲気はまたちょっと違う、お値段控えめの宿です。

このロッジ周辺から見えるタラナキ山がなかなか素敵。

タラナキ山は実は、なんと映画「ラストサムライ」のロケ地だったんです!

日本の富士山だと発展しすぎているなどの問題があり、タラナキ山なら周りに建物もなく

のどかなので明治時代により近い雰囲気を出せたんでしょう。

このコニ二ロッジで1泊し、朝6時半頃起床。

友達よりも先に目覚め、目がパチクリ。私は外のお天気を確かめる為にロッジを飛び出しました!

外は冬の澄んだ空気に包まれていて、ハァーっと吐いた息は白くなる。

地面に生える緑の芝には白く輝く霜がひっついて

ビーサン(ビーチサンダル)で飛び出してきた私は思わず裸足で霜を踏み踏み。

真夏のビーサンの日焼けの跡が寒さを和らげます。

でも正直、霜が冷たすぎて足は凍り付きましたが(笑)

この朝は恐らく1桁台の寒さでした。

この標高でそれだけ寒いんだから山の頂上はどんだけなんでしょう。

タラナキ山でウォーキング。

本当は「タラナキ山でトレッキング」と言いたかったんですが…

準備不足と調査不足でした(笑)

訪れた季節は真冬。聞いたところによると、冬にタラナキ山で登山なんてするもんじゃない。危険すぎるとのことでした。

本当に登山をしたいなら、十分な食糧、防寒具、スティックを持ち、雪の上でも歩ける登山用の靴など相当の装備が必要になるそう。。。

それだけ重装備しても大変、、、らしいんです。

タラナキ山はニュージーランドの山々の中で、あることで1番なんだそうです。

どういったことで1番か。

それは、「登山者の死亡率」みたいなんです。

脅しているわけではないですが、本当に英語でそのように説明が書いてあって…

矢印付近に、、、ほら。”highest death toll”(最も高い死者数)って。

毎年多くの人が登山をしに訪れるタラナキ山。

天候も非常に変わりやすいので、注意が必要ですね。

ニュージーランドの北島で2番目に高いタラナキ山の標高は2518m。

なので富士山(3776m)よりも1000mも低いんですよ!

ですが登るのは相当大変らしいので、登りに行く方は覚悟が必要です。もしタラナキ山の登山経験者がいれば、感想をお聞かせいただければと思います。

本当はてっぺんまででなくてもいいから登ってみたかったんですが、今回は断念しました。

でも真っ白な雪をかぶった綺麗な山を見に来れて、それだけでも幸せです。

さぁ、朝のウォーキングです!!

私たちはこの近くにある滝、Dawson Falls waterfall(ドーソン滝)を見に行くことに。

Let’s go!!!

初心者向けの道が続きます。

途中にある川。

こんな川の流れのように身を任せて生きていきたいですね。

なんか綺麗な緑の草があったので写メってみました。

このまま歩いていくと滝が見えてきました。結構勢いよく水が落ちていってます。

空気に浮かんで下に落ちていく水って綺麗ですねー。

そして滝の音もすごい。

なんか耳に良い音♪

滝を十分満喫し、さらに歩き進めていきます。

中が少し空洞になっている木がなんとなく印象的でした。

道なりに沿って行くと、

見覚えのある景色が目の前に広がりました。

そうなんです!コニ二ロッジに戻ってきたんです✨

タラナキ山に行くならアドバイス!

いろいろな行き方がありますが、もしもタラナキ山に行くのなら、是非Forgotten World Highwayを通って行くのがオススメです!!

★登山するなら夏!(夏でも頂上付近には雪があります)
しっかりと準備・計画を立て、誰かと一緒に行きまっしょー。

ちなみにニュージーランドは南半球にあるので、夏は12月頃~2月くらいです♪

実際に行かれた方は感想お待ちしてまーす(^^)

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

フォローする