フェリーの旅。ニュージーランド北島→南島へ。

フェリーの魅力と予約について

このようにニュージーランドは北島と南島から成ります。

私が北島から南島へ移動したのは昨年2017年12月上旬。

移動手段は飛行機かフェリー。飛行機で行こうかなとも最初思ったんですが、飛行機は日本に帰国する際にいくらでも楽しめるのでフェリーにしました!

フェリーはWelington発でPicton着。3~3.5時間で到着。

所要時間は日本の函館・青森間のフェリーと大差変わらないようです。

飛行機よりも多少時間はかかってしまいますが、フェリーの方が魅力的だと思います♪

雨女が見れたフェリーからの素敵な景色!

この日は晴れたんです。ものすごくフェリー日和でした。

ちょっと強風でしたが、気持ちの良い風景が忘れさせてくれました!

運が良ければ、イルカが見れると聞いたんですが私には見えませんでしたね(笑)でも晴れただけで十分幸運です。

中だけでなく外にも席がズラーッと並んでいて、白い椅子たちと青空のコントラストがこれまた素敵。

フェリーの中には小さいカフェやバーなんかもあって予想以上に充実していました。

私はfish and chipsとビールでひとり乾杯。

Cheers!(英語で乾杯って意味です^^)

綺麗な景色を眺めながらのお酒とおつまみはこの上ないです。いつからこんなオヤジっぽくなったのか…

荷物制限ルールが緩い!

お預け荷物(Check-in baggage)は1人2個まで。1個あたり32kgまでOK。

手荷物(Carry-on baggage)として機内に持ち込めるのは預けた荷物の他小さめのバッグ1個。

これって結構持ち込めます♪♪

飛行機だと20kg以内ってところが多かったりして、荷物が多い私はどうやって規定内におさめようと頭を悩ませることがよくあるので。

特に長期滞在ではどうしても荷物が多くなってしまう為、だいぶ助かりました。

私の荷物は入国して約3か月で既にこれだけ増え…
(幸い体重はそんな増えてないです)

【入国当時2017年9月】
◆スーツケース:20kg
◆バックパック:7kg

【2017年12月】
◆スーツケース:25kg(5kg↑)
◆バックパック:14kg(2倍!)

荷物運ぶのに若干筋肉痛になったりもしましたよ(笑)良いエクササイズです。

重かったようでHEAVYってつけられてました。

予約時に知っておきたいこと

当日の予約から先々まで予約可能

なんと本日(6月3日)のフェリーもネットから予約できてしまうそうです!

日本の津軽海峡フェリーとかだと2日後以降の予約しかできないようになっているので、これはすごいです。

よし、南島から北島へ行こう!と急に思い立っても大丈夫な確率が高いですね!

下のは別の日で検索したもの。

5:30着のフェリーのように、売り切れであれば”Sold Out”との記載があるようなのできっと本日のチケットは購入できるってことですよね。

①の$56(日本円に換算して4200円くらい)が最安値なのでここをポチっと。

これは今年7月30日(月)のフェリーですが、試しに半年後の12月で検索しても同じ価格で表示されていました。

半年後でもフェリー予約できるのがすごいです。津軽海峡フェリーだと3か月先までの予約しか承っていないので。

①②③で値段が違いますが、これはフェリーの豪華さが違うというわけではなく返金があるかないかの違いです。

①はNon-refundable(返金対応なし)
②は50%返金あり
③は全額返金

ただ、本日も半年後のフェリーも同じ金額とは言えども、やはりクリスマスシーズン(特に23・24日)はやや割高になります。

上のは今年12月23日(日)のフェリーを検索した結果です。

クリスマスは日本と異なり、恋人と2人で過ごすもの(?)ではなく家族と過ごす大切な時間です。なので里帰りで混雑します。

せっかく観光するなら、混雑時は避けたいですね。

必要事項入力時のTitle

予約画面に名前や連絡先などの個人情報を入力する際、”TITLE”というものを入力する箇所があって最初意味不明でした。

タイトル…???

テーマってこと?

フェリーに乗る私のテーマ?

うーん、何にしよう。

と一瞬だけですが考えました。

が、そんなはずがありません。

Google先生に頼った結果、私のTitleは迷う必要性もなく”Miss”だということが判明。

  • Mr.– Adult man (regardless of marital status)
  • Mrs. – Adult woman (usually just for married women, widows, and divorcées)
  • Ms. – Adult woman (Regardless of marital status)
  • Miss – Formal title for unmarried women and for female children

Wikipediaより引用 https://en.wikipedia.org/wiki/Title

ちなみにMr.とMs.の括弧内にある”regardless of martial status”は「未婚か既婚かにかかわらず」という意味です。

自分のことについて述べるときは未婚か既婚かはわかっているはずですが、見ず知らずの相手を呼ぶ場合に使います。

※今回紹介したフェリーはこちらより予約できます→interislander

前回乗ったのは夏でしたが、今いる南島から今後また北島に戻る予定です。その頃には季節は真冬。

雪が町に降り積もる地域ではありませんが、冬景色はどんなものなのか楽しみです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする